• No.817040 匿名/GIBIBWE - 10日前
    9

    アマタはまた使われなくなって寂しくなっていた・・・
    そのせいとは言え、あんな所(宿屋)に行ったのが間違いだった・・・

コメント(56件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
トリップ利用可
コメント
  • No.817052 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    アマタ「寂しいなぁ・・・イサミの奴がせっかく誘ってくれた事だし、宿屋に行ってみるか・・・」
    イサミ「おっ!来たな!さぁ入れ入れ!一緒に楽しもう!!」

  • No.817062 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    宿屋には先客たちが大勢いた
    それもたくさん、しかし変である。
    女は泊まりにくいとはいえ、全く、1人も居ないのである。

  • No.817070 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    アマタ「イサミ!ちょっと待てよ!」
    イサミが落ち着かない様子で先に行ってしまうので、
    聞かなかったが・・・

  • No.817083 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    アマタ「なんだよ。急いで先に行っちまうから、なんだと思ったら風呂かよ!」
    イサミ「ああ!悪い悪い、気が急いでしまってな・・・済まなかった。みんなもう入ってしまった様だし・・・」
    アマタ「みんな?他に誰が知り合いが居るのか?」
    イサミ「いや・・・ここ泊まる奴はみんな兄弟みたいなものさ・・・そう兄弟・・・・・・」
    アマタ「なんだそう言う意味か。別に焦る事は無いだろ?話したいなら時間はあるだろうに・・・」

  • No.817087 匿名/N2JiN1Q - 10日前
    0

    083
    兄弟・・・あっ(察し)

  • No.817090 匿名/MWEWEjY - 10日前
    0

    ホモスレの予感...

  • No.817098 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    イサミ「そうだな・・・夜は長い・・・ゆっくり入ろうか!
    アマタみんな湯船に浸かるんだから良く身体は洗えよ?尻もな」
    尻?変に思ったが、イサミの様子が落ち着いた様なので、アマタはなにも聞かなかった。
    アマタ「分かってるよ!」

  • No.817111 匿名/EpAFlhk - 10日前
    0

    コレは濃厚なホモスレ。主はホモ。はっきり分かんだね

  • No.817189 匿名/GIBIBWE - 10日前
    1

    どお?続き読みたい?

  • No.817192 匿名/FpF5aGM - 10日前
    0

    正直読みたい

  • No.817254 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    じゃあ書くか・・・

  • No.817273 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    アマタ「あ〜気持ちよかったぜ〜!」
    イサミ「気分転換になったようで何よりだよ」
    アマタとイサミは風呂を出た、なぜか皆そうそうに風呂を出た為にほぼ貸切だった。
    ゆっくり浸かるのに気遅れしなかった為にけっこうな長湯をしてしまったようだ・・・
    着替える時も、風呂上がりでゆっくりしてる間も誰にも合うことは無かった・・・・・・

  • No.817292 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    イサミ「な〜にぼーっとしてるんだ?ほらよっ!」
    アマタ「つめてぇ!」
    イサミが冷えたビールを押し付けて来た。
    イサミ「まぁ飲め飲め。」
    アマタ「悪いな・・・ありがとうよ。しかし静かだなぁ・・・やっぱりみんな仕事で疲れてんのか?もう人を見ねぇなぁ・・・」
    イサミ「・・・ああ・・・まぁ静かでいいじゃないか。」
    またなんだかイサミが煮え切らない返事ばかりだ・・・
    アマタは気になりながらも、疲れていると思う事にした。

  • No.817308 匿名/GIBIBWE - 10日前
    2

    イサミ「さてと。続きは部屋で飲むか?ここはそろそろ終わりのようだしな」
    アマタ「ん?ああ!そうだな・・・部屋で・・・飲むか・・・」
    いかん。眠くなってきた・・・最近はオファーも行っていないのに、疲れているのか・・・
    イサミ「なんだ?酔ったのか?ほらしっかりしろ!せめて部屋に行くぞ!」
    アマタ「ああ・・・」
    カウンターのオヤジが笑ったきがした・・・まぁ酔っぱらいに呆れて居るのか・・・
    しっかりしなくては・・・

  • No.817312 匿名/OHRXBGA - 10日前
    0

    アマタって未成年じゃ…

  • No.817320 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    次に目を覚ますと、部屋である。
    部屋に戻るとすぐに横になってしまった様だ・・・
    疲れていたからか酔ってしまったのか・・・
    うとうとしながら部屋を見回すと
    イサミ、1人で飲んで居るようだ・・・
    イサミ「すまん。済まなかった。」
    なぜ謝って居るのか・・・
    お手洗いに行きたくなり、重い身体を起こす。
    イサミ「ん?起きたのか?どうした?」
    アマタ「ああ悪かったな。寝ちまったみたいだ・・・」
    イサミ「そっそうか・・・」

  • No.817335 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    アマタ「ちょっとお手洗い借りるぜ?」
    イサミ「ああ・・・・・・」
    イサミはまた飲み始めた。手が震えていた。
    アマタ「イサミって酔うと静かになったか?」
    アマタは大きい方がしたくて起きるなど珍しいな。などと思いながら用を足す。

  • No.817347 匿名/E0UxOFA - 10日前
    0

    あっ…(察し)

  • No.817352 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    用を済ませ、部屋に戻るとイサミが居なかった。
    アマタ「どっか行ったのか?」
    外から話し声が聞こえる。しばらくするとイサミが戻って来た。
    アマタ「どうした?誰か来たのか?」
    イサミ「い、いやお誘いが来た。まぁ祭りと言うか、集まりがあるんだが、アマタと来ないかとの事だ。断って置いたよ・・・」
    アマタが起きてからというもの、変な態度であったイサミがさらに変である。集まりに行くのも勝手に断ってしまうし・・・よし!2人で飲むより、大勢で飲む方がイサミにも良いとだろう。
    アマタ「なんだよ!祭りか?行こうぜ!2人っきりで飲むのもなんだろ!行こうぜ!」

  • No.817372 匿名/EpAFlhk - 10日前
    0

    なんだこれ(困惑)なんだこれ・・・

    すぐに終わると思ったし、すぐに終わんなきゃ読むのやめようと思ったら、長いし、次が気になるぞ・・・

  • No.817392 匿名/FpF5aGM - 10日前
    0

    なんか読んでしまう

  • No.817394 匿名/M0ZlhnE - 10日前
    0

    もう濃厚なホモ〇〇〇〇して終わりでいいんじゃない?

  • No.817395 匿名/QnkiUig - 10日前
    0

    身体に気をつけて無理のない範囲で毎秒投稿しろ

  • No.817400 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    なんでこんなスレ見てんだよ・・・
    どう考えておかしいよ。
    楽しみにするもんじゃ無いよ(困惑)

  • No.817402 匿名/RHQjcjA - 10日前
    0

    いいから。あくしろよ。頼むよ。

  • No.817406 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    じゃあ書くよ
    期待すんなよ。

  • No.817429 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    イサミ「本当に・・・行くのか?」
    また様子が変である。ここは元気付けよう。
    アマタ「少し眠ったら酔いも冷めたし、行こうぜ?」
    イサミ「ああ・・・分かった・・・済まない。」
    何を謝っているのか?元気が無く、申し訳無さそうだ。相当落ち込んでいるらしい。

  • No.817430 匿名/FpF5aGM - 10日前
    0

    やさしい世界

  • No.817458 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    イサミについて歩きながらしばらくすると、徐々に音が聞こえて来た。ライブ?歌が聞こえて来た。かなり盛り上がって居るようだ。
    イサミ「地下に小さなホールがあるんだよ。そこでやっている。変な紳士が増築してな、今日も盛り上がって居るようだ」
    アマタ「ライブか?楽しそうだな!」
    イサミ「ああ・・・ライブと言うか、まぁ歌も歌ってるな。アマタはボーカルをやって欲しいとの事だ・・・」
    アマタ「おっ!いいぜ!さらに盛り上げてやるぜ〜!」

  • No.817481 匿名/GIBIBWE - 10日前
    0

    イサミ「じゃあここの先に控え室がある。今は休憩中で、デコラとボコラ、ザックなんかが居るはずだから・・・」
    アマタ「分かった!じゃあ行ってくるぜ。盛り上げるからしっかり見てろよな!」
    イサミ「ああ・・・見てるよ。」
    イサミは少し寂しそうである。アマタはボーカルは受けなかった方が良かったか?と思いながらも後でイサミの所に行けば良いかと思い。控え室を探す。